イメージセンサーの違いによる 同じボケを得る為のF値の変化


フルサイズ (大きさ:36×24mm  ←メーカーによって若干違う)
APS-C (大きさ:23.6×15.8mm  ←メーカーによって若干違う)
マイクロフォーサーズ (大きさ:17.3mm×13mm ←3/4より若干小さい)

とイメージセンサーの規格の違いによる ボケの大きさ F値について 少し調べた

まず フルサイズを基本に考える 

α7 II :2430万画素(有効画素)で f2.0で撮影した場合
同じ明るさ、同じボケの大きさ にする為のF値は他のイメージセンサーではどうなるのか?

 イメージセンサー有効画素数同じ明るさになるF値同じボケの大きさになるF値
OM-D E-M1 Mark IIマイクロフォーサーズ2037万1.11.0
OM-D E-M10 Mark IIマイクロフォーサーズ1605万1.21.0
α6500APS-C
2420万1.31.3

マイクロフォーサーズ
OM-D E-M1 Mark II : 2037万画素(有効画素) で f2.0で撮影した場合
同じ明るさ、同じボケの大きさ にする為のF値

 イメージセンサー有効画素数同じ明るさになるF値同じボケの大きさになるF値
OM-D E-M10 Mark II マイクロフォーサーズ1605万画素2.32.0
α6500APS-C2420万画素2.42.6
α7 IIフルサイズ2430万画素3.74.0

 

まとめ 
ボケの大きさ 
フルサイズと同じボケをマイクロフォーサーズで得るには、
F値を2段分開ける(単純に言えばf値1/2)と 同じボケが得られる

F値→ 1.0 1.4 2 2.8 4 5.6 8 11 16 22

現在 マイクロフォーサーズで最大口径 (最小F値)レンズは
フォクトレンダー NOKTON シリーズで F0.95
HandeVision IBELUX 0.85/40mm F0.85 

これは フルサイズでは f1.7と同等となる
よって フルサイズF1.7未満のボケは マイクロフォーサーズでは再現ができない ことになる

 

意外だったのは
マイクロフォーサーズ とAPS-Cとの比較ではそんなに差が無く 約3/4段

F値 1/4段
1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.7 1.8 2 2.2 2.4 2.6 2.8 3.1 3.4 3.7 4 4.4 4.8 5.2 5.6
フルサイズとAPS-Cでは 5/4段だが 大雑把に言えば 1段でもいいかな??

 

マイクロフォーサーズ用レンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3
が実売最安値1万3千円で驚異のコスパ!と話題になったが、、
(やや 強引だけど)
これを 換算焦点とボケと明るさを基準として フルサイズ用レンズにあてはめると
24-100mm f7.0-12.6 となる、、、(汗)
ある意味妥当な感じかな?

F値 計算参照サイト